So-net無料ブログ作成
検索選択
フェレット ブログトップ

楽しかったよ…ありがとう。 [フェレット]

きゅうちゃんが逝ってしまって4ヶ月。

3月14日、そのきゅうちゃんのお誕生日の前日に

みゅうちゃんもきゅうちゃんの元へ旅立ちました。

 

 

それは、きゅうちゃんの時以上に あまりにも唐突で、

言葉では言い表わせないほどの衝撃でした。

 

すっごくすっごく元気だったみゅうの異変を感じ、朝一で病院に駆け込みました。

みゅうの状態を見て、『インスリノーマ』かもしれない…

と思ったのですが、

下された診断は、恐ろしいものでした。

 

確かに低血糖を起こしていたうえ、

フェレットにとって =死 となるジステンパーの疑いが大きいと…

目の前が真っ暗になりました。

「だって、予防接種は必ず受けていたんですよ!」

でも、予防接種は完全じゃないんです。

もともとフェレット専用のワクチンではない上に、

フェレットのジステンパー発症の原因がそのワクチンによる物が多いと言う事。

予防する為にはワクチンしかないのだけれど、そのワクチンのせいでかかってしまう子もいるのです。

 

「陽性反応が出たと言う事は、テンパーの菌を持っていることには変わりないです。

でも、発症していなければそれを押さえる事はできなくはないので、それに賭けましょう!」

と、動物病院の先生が言ってくれました。

すぐに入院

注射嫌いのみゅうの手に点滴がつながれる生活になりました。

 

幸いな事に悪化はせず、状態は安定。

一時自宅に戻ってみましょうか…と連れて帰ろうとした途端、

今までに聞いたことがないようなみゅうちゃんの悲鳴。

口から泡を吹いて、ガクガク震えだしました。

すぐにグッタリと動かなくなり、

半泣き状態で病院に駆け込みました。

今までに見たことがない発作。

あまりにもひどくて、こういう発作があと何度起きるのだろうか?

その度にみゅうちゃんは苦しまなくちゃならないのだろうか?

アメリカでは、その悲惨な姿に安楽死を進めるそうです。

実際、その方がみゅうちゃんは苦しまなくて済むのかもしれない…と思いました。

そのくらい、とても辛い姿でした。

 

でも、みゅうちゃんはごはんを自分で食べるんです。

いいうんちもするんです。

ごはんを食べようとするのは、みゅうちゃん自身まだがんばろうとしているんじゃないか。

 

そして、先生がすごくすごくがんばってくださいました。

おそらく、みゅうちゃんの入院中はプライベートな時間なんて 0 だったと思います。

 

「心配でしょうから、いつでも電話してきていいですから」

「いつでも会いに来てやって下さい」

 

その言葉に甘えて、何度 夜遅くに電話をかけたでしょう。

朝と晩、毎日様子を見に行きました。

病院がお休みの日も、先生はみゅうちゃんの治療にあたってくれていたので会いに行くこともできました。

 

会いに行くたび、状態が良くなっていくのがわかりました。

そしてみゅうちゃんと先生が仲良しなのも嬉しく思いました。

きゅうちゃんの事があってから、もっと近くて、夜間も対応してくれる病院はないかと探しました。

みゅうちゃんは病院が嫌い。

ずっとそう思っていたんだけど、この病院は違いました。

きっと人間と同じように先生との相性というのがあるんでしょうね。

 

13日の朝、みゅうちゃんに会いに行くと、

この日はやけに元気で、ベットから這い出してmyuの腕に乗ってきました。

抱っこしてあげると気持ち良さそうにじぃ~っと頭をmyuの腕の上においていました。

一緒に行った妹にも近寄っていきました。

あまりにも動き回るので、先生が「ちょっとじっとしてようね」

とベットのふたを閉めると、今度はごはんをカリカリ。

そしてうんちをにゅる~っと。

 

明日来て見ての様子で、一度お家に帰ってみましょうか…

と先生ともお話しました。

インスリの発作が起きた時の対処法などをちゃんと聞きました。

 

またみゅうちゃんとの生活が送れるかもしれない…

益々みゅうちゃん中心の生活だなぁ~…

とそんな事を考えていた14日の朝、

病院からの電話で、みゅうちゃんが発作を起こしたことを知りました。

急いで病院に駆けつけましたが、間に合いませんでした。

救いだったのが、

あの悲惨な発作を何度も何度も繰り返さなくて良かった事。

眠っているような顔だった事。

そして仲良しだった先生のところで良かったと思いました。

 

先生がみゅうちゃんの体をきれいに洗ってくれ、きれいな新しいタオルで包んでくれました。

お庭に咲いていたマーガレットのお花を添えて、

「もぐるのが好きだったからね」

と家から持っていってあった布をタオルの上からかけてくれました。

「1度はお家に帰してあげたかったな。昨日、このケースに入って遊んでいたのにな」

とみゅうちゃんの頭を撫ぜて、

そして、

「お力不足で申し訳ありませんでした」

と深々と頭を下げました。

 

力不足だなんて思っていません。

ジステンパーは治せない病気ですから。

みゅうちゃんがいる為に、先生はいつも以上に気をつけなければならなかった。

テンパーは空気感染してしまう菌だから。

先生はそんな手間とリスクを背負って、一生懸命治療にあたってくれた。

わざわざ、みゅうちゃんの為にお花を持って家にまで来てくれた。

先生が持って来てくれたお花は、今もみゅうちゃんのお墓の前で咲き続けています。

 

きゅうちゃんの時は、みゅうちゃんがいてくれたのですごく救われた。

 

「ホントにあなた女の子!?」

っていうくらいやんちゃだったみゅうちゃん。

飛びつく・よじ登るは得意技。

                   

コトコト音はするけど姿が見えないなぁ~って洋服ダンスの上を見上げると、降りられなくなってウロウロしているみゅうちゃんがいたね。

みゅうちゃんがよじ登ったリビングカーテンは、今もボロボロ糸が出ています。

 

狙ったものは絶対手に入れていたみゅうちゃん。

決まって洗濯機の下か、テレビの裏に隠していたね。

 

動きがすばしっこくて、写真に収めるのがとっても大変だったよ。

                    

 

みゅうちゃんはきゅうちゃんと違って、病気は少なかったし元気だったから

まだまだ傍にいてくれると信じて疑わなかった。

それだけにショックが大きくて、1週間以上経つ今でもみゅうちゃんのいない毎日に違和感を感じます。

先生が持って来てくれたお花が咲き終わる頃には、myuのクヨクヨも終わりに出来たらいいなぁと思います。

 

今まですっごくすっごく楽しかった。

ホントに頭のいい、やんちゃでカワイイ女の子だったよ。

みゅうちゃん、どうもありがとう!

大好きだったきゅうちゃんにはもう会えたかな?

あんまりしつこくしちゃダメだからね。

 

 

 

2度目の暗く長いお話、最後まで読んでくださってありがとうございます。

コメントが送れちゃっていますが、あともう少しmyuに時間を下さいね。

ごめんなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ありがとう…バイバイ。 [フェレット]

一週間前の11月10日。

きゅうちゃんが、永い永い眠りにつきました。

 

それはあまりにも突然で、あっけない出来事。

ほんの数日前まで、元気に走り回っていたきゅうちゃん。

7日の夕方、きゅうちゃんの異変に気が付きすぐに病院へ。

そのまま入院になりました。

でも、注射をして、先生に抱かれたきゅうちゃんは元気でした。

8日が休診日だったので、大事を取っての入院だと思っていました。

 

9日、迎えに行くとうそのようなきゅうちゃんの姿。

ぐったりと横になったまま動きません。

「きゅうちゃん!」と思わず叫ぶと、辛そうに頭を持ち上げ、myuを見ました。

このまま入院か、それとも連れて帰って毎日通院か…と先生から言われました。

病院にいた方が、何かという時に対応してもらえる。

でも、きっとおウチに帰ったほうがきゅうちゃんも安心して休める。

あまりにもグッタリしているきゅうちゃんを目の前にして、かなり動揺しました。

先生の勧めもあって、連れて帰ることにしました。

「命に関わりますか!?」

「覚悟をした方がいいですか!?」

 

帰り道、涙があふれてあふれてたまりませんでした。

「きゅうちゃん、がんばろうね!

きゅうちゃんすごくいい子だもの。大丈夫だよね!?」

そばから離れられず、夜も不安で何度も目が覚めました。

 

10日の朝、既に呼吸も少なくなっていたきゅうちゃん。

体温もかなり低く、あのぬくもりが感じられません。

「きゅうちゃん、がんばろうなんて言ってごめんね。

きゅうちゃん、今までずっとがんばっていたんだもんね。

お薬だって嫌がらずに飲んでいたし、

大きな注射もしたし。

すごくいい子だったよ。

もういいよ。

がんばらなくていいから。

ゆっくりねんねして」

そんな事を言いながらきゅうちゃんを抱きしめて、

毎朝していたように、きゅうちゃんの鼻とmyuの鼻をくっつけると、

きゅうちゃんの鼻はカサカサで、

いつものようなしっとり感はなくなって、

眠るように息を引き取りました。

みんなが出勤するのを見送ってから…

 

年が明けたら4歳だね…って言っていたのに。

まだ3歳8ヶ月。

寿命といわれている半分も生きられなかった。

我が家に来て、3年と5ヶ月。

健康でいられたのは1年くらい。

あとは、いつも調子を崩して薬が手放せなかったきゅうちゃん。

みゅうと比べると呼吸も早かったし、

病気がちだし、

この子は長くは生きられないかもしれない…とmyuも母も感じていました。

それでも、きっと大丈夫と思い込もうとしていたかもしれません。

でも、こんなに早くお別れが来るとは思わなかった。

 

人が大好きで、ゲージから出してもいっつも人の後ばかり着いて歩いていました。

気をつけないと蹴っ飛ばしてしまいそうなくらい、足元にいたね。

実際、何度か蹴っ飛ばされちゃっていたよね。

 

お水がなくなると、そばに来てじぃぃぃ~と見つめて訴えてくれたね。

 

myuの靴が大好きで、いつも物陰に隠していました。

先っぽにきゅうちゃんが噛んだ穴がいくつもあるよ。

 

座椅子のボタンが大好きで、いつも飛びついてかじっていたからボロボロになっちゃったね。

今はみゅうがかじっているよ。

 

だんなさんのバックが大好きで、重いバックをズルズル引きずっていたね。

かごの中にしまっても、欲しくてもぐり込んでいたね。

 

いつもものすごい寝相で、みんなの笑いを誘っていたね。

頭に血が上らないのか心配だったよ。   

 

myuが仕事を辞めると同じくらいにきゅうちゃんも病気が再発して

注射とお薬をもらう為、毎月最低2回は病院に通ったね。

毎日、うんちのチェック抜け毛のチェックは欠かせなかった。   

 

朝、掃除が終わると、きゅうちゃんにお薬飲ませて

myuが部屋でストレッチをしている間、myuの部屋で遊んでいたね。

うっかり、そのままmyuの部屋で寝てしまったりもしたね。

 

ただいるだけで、すごく癒される。

 

みんなに辛い思いを残さないようになのか、

長い時間辛そうな姿を見せることなく逝ってしまいました。

最後の最期まで、いい子だったきゅうちゃん。

飼育放棄されて、たまたま我が家に来たけれど、

きゅうちゃんが来てくれて良かった。

寂しいけれど、きゅうちゃんには『ありがとう』というキモチでいっぱいです。

                       

 

 

きゅうちゃんが我が家で過ごした最後の夜。

きゅうちゃんが逝ってしまった日の夜。

隣のゲージで過ごしていたみゅうも何かを感じたのか、

夜中、ガタガタと落ち着きがありませんでした。

今は不思議と、全く騒ぎません。

ただ、今まではゲージから出すと一目散に遊びに行っていたみゅうが、きゅうちゃんを探すかのように部屋中の匂いを嗅いで歩いています。

トイレに関しては完璧だったのに、きゅうちゃんが粗相をしてしまったところに、みゅうも粗相をしてしまいます。

一人遊びが好きで、ゲージから出ると人のそばには滅多に来なかったみゅうが、妙にそばに来ます。

きゅうちゃんをいじめる事もあったみゅうだけど、やっぱり寂しいのかな。

何かが違うと感じているのは、みゅうも一緒なのかもしれない。

 

いまだに、悲しくなったりもするけど、不思議とみゅうがそばに来てくれるから

ちょっとは違うかな。

 

ペットとのお別れは、いつか必ず来るものだとわかっていても

元気に過ごしているうちは、そんな事は頭の隅に追いやられてしまいます。

嫌な事から逃げようとする人間の弱さかなぁ。

 

 

暗いお話、最後まで読んでくださってありがとう。

きゅうちゃんのことを書くのはどうなのかと思ったけれど、

きゅうちゃんに触れずにブログを続けていく事はmyuにとって不自然な事だったので書いてしまいました。

コメントしづらい記事だと思うので、コメント欄ははずさせていただきました。

前記事のコメントのお返事も、かなり遅くなってしまいごめんなさい。

ぼちぼち、皆さんのところにもお邪魔したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 


nice!(21) 
共通テーマ:ペット

みゅうの手術。 [フェレット]

昨日、みゅうが手術でした。

 

 

「朝 9時~10時の間に連れてきてください」

と言われたので、神経質で気が小さいみゅうと少しでも一緒にいてあげたくて 10時ギリギリに連れて行きました。

簡単な手術ということなので、その日のうちに連れて帰ってもいいのですが、大事をとって入院しました。

1日分の餌を小分けにしたのと、お気に入りのぬいぐるみを持たせました。

きっと 病院の先生は なんだと思ったでしょうね。

 

お迎えも 9時~10時の間に・・・と言われたので、朝イチで迎えに行ってきました。

いつもはやんちゃ姫なみゅうですが、やっぱり術後なので ちょっとおとなしいです。

              

 

フェレットにはありがちな 副腎の病気です。

1年前、きゅうも手術しました。

でも、昨日は病院から電話がかかってくるまで 心配でした。

この病気は 手術で副腎を摘出しても、もう一つ副腎は残ってるので再発することもあるそうです。

でも、その場合 手術はできません。

お薬で様子をみるのです。

しかも そのお薬は効く子もいますが、効かない子もいます。

薬代で5万円。

1ヶ月に1回投与するので、その他色々な手数料を含めると、トータルで7万円くらいかかります。

 

実は きゅうは再発してしまっているのです。

やって効かなかったらお薬はムダになってしまう。

でも、お薬が効けば 毛も生えるかもしれないし、かゆみもなくなるかもしれない。

すこしでもこの子達が 楽になることがあるのなら、できることがあるのなら やってあげよう・・・というのが 我が家の考えです。

 

そういう行為が この子達にとってホントにいいことなのか、単なる人間の思い上がりなのかはわからないです。

飼っている以上 基本的な世話や健康管理に気を配るのは当たり前だとは思うのですが・・・

 

 

 

 

7年前、フェレットに初めて出会いました。

飼えなくなってしまったというフェレットを引き取ることになりました。

『みゅう』と名前の付いたその子はストレスからか噛みまくる子でした。

我が家に来て しばらくするうちに噛み付きがなくなり、本来はとっても穏やかな男の子だったのです。

 

フェレットのことに関しては無知でしたから、本で勉強しながらでした。

何年か経つうち、具合がおかしいことに気が付きました。

具合がおかしくなって 初めて、フェレットを診てくれる病院が無いことに気が付き、どうすることもできず、日に日に弱っていくみゅうくんを診るのは辛いことでした。

やっとの思いで見つけた病院に連れて行ったときは、ほとんど手遅れでした。

 

 

引き取り手のいない動物を引き取って、いいことをしたと思っていたのでしょうか。

何も知らないところに来てしまったばかりに、みゅうくんは死んでしまった・・・と。

その当時、私は結婚して家をでていたので、毎日世話をしていた母はとても悔やんでいました。

そして同じく家の中で飼っていて、みゅうくんと仲良しだった マルチーズのようすけも、お外の番犬だったまことも、みんな立て続けに病気で死んでしまいました。

ペットは飼わない・・・と決めたようでした。

 

でも、人間は弱いもので ペットのいない生活が寂しくなってしまうんですね。

1年経った頃、何気なく入ったペットショップに みゅうくんとそっくりなフェレットがいました。

みゅうくんと違って、女の子で おてんばな子で 元気すぎる為売れ残っているとの事でした。(売れ残り・・・って言葉、イヤですね)

それが、今のみゅうです。

みゅうくんの時に見つけた病院の先生に色々聞きながら、健康診断や予防接種をしてもらっています。

 

みゅうが我が家に来てしばらくすると、またも飼えなくなってしまったフェレットを引き取ってもらえないか・・・とお話がきました。

それが、きゅうです。

 

そして 更に、可愛そうな犬がいるんだけど・・・とお話がきました。

それが、ななです。

 

どうも我が家は、そんな動物達が多いようです。

 

 

 

 

 


nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

みゅう と きゅう の1日。 [フェレット]

myuが仕事を辞めて 家に居るようになってから、ヤツらは いつでもゲージから出してもらえると思ってます。

       

                          

    

      

 

 

 イタズラ好きの みゅちゃんです。↓  

               

ゴミ箱大好き。

みゅうは動きがすばやいので、なかなかベストショットは撮れません。

 

その点 きゅうはトロなので、結構撮れます。

   

                                 

せっかく出してあげても、ぽてぽて歩いては へちゃっ・・・

    

 

             

名前を呼ぶと 見上げる かわいいヤツです。 

 

 

                                            

 

 

                     


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

いたずら。 [フェレット]

朝のうち 明日のお泊りセットの用意をしていました。
何かを取りにリビングへ降りていくと、フェレット(♂)が起きていました。

「出して♪」
と言いたそうに、じーっと見るので ゲージから出してあげちゃいました。

このコは きゅうちゃん と言います。
ヒトの後を付いて歩くカワイイコです。
今日も、後を付いて 私の部屋に・・・

広げてあったバックに すかさず潜り込みます。

バックの中、スーパーの袋の中が大好きです。
出しっ放しで放っておくと、スーパーの袋の中に ちょこん♪ と入ってます。
だから、ウチでは、その辺にスーパーの袋が転がってます。

お昼ごろ、私がシェルフを作り始めると 今度はフェレット(♀)が起きだして、出してもらいたそう。
このコは みゅうちゃん と言います。
みゅうちゃんは イタズラ大好き。
ヒトのやる事が気になって気になって・・・さっそく 私が使っているドリルに目を付けました。

     

お気に入りの場所に運びたくて、噛み付くのですが コレは重いので・・・
諦めたらしく、何か別のものをくわえて行きました。
みゅうちゃんは TVの裏がお気に入りで、そこに何でも運び込みます。
靴下がないな~という時は TVの裏か、マッサージチェアの下です。

今日は、ボンドを運んでました。
取り上げると、ジャンプして 「返して!」と言ってるようです。

フェレットは基本的にイタズラ好きのようですが、みゅうちゃんは思いもよらないことをしでかすのです。
お風呂嫌いのくせして、私がお風呂掃除を始めると 一緒に付いてきて 桶をひっくり返したり、スポンジに飛びついてぶら下がったり・・・
おかげで この娘、お風呂に入ったワケじゃないのに 背中がびっちょりです。


nice!(1)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ウチのかわいいヤツら。 [フェレット]

ウチには フェレット2匹(♂・♀)・雑種犬1匹(♀)がいます。
親バカ(?)なもんで、もう ホントーにかわいいヤツらなんです。

この間、フェレット2匹をシャンプーしました。
男の子の方は お風呂キライじゃないです。
桶に、のほほ~ん♪とつかります。    
性格なんでしょうね。
基本的にトロくて、とぼけたコです。
寝相もこんなんです。→  

女の子の方は お風呂苦手です。
必死でしがみついてきます。     
このコは頭が良く、すばしっこて、イタズラ好きですが、神経質で小心者です。
女の子だけあって、寝相はカワイイです。

毎日、お昼ご飯を作りながらこのコ達をゲージから出して、遊ばせてあげるのが私の日課ですね。
時間になって2階から降りていくと、 ”出してくれるんでしょ” とばかりに、つぶらな瞳でじぃ~ と見つめられると とろけそうになります。

モノを隠すというか、運ぶ習性があるみたいで、リビングTV台の下は このコらのおもちゃで一杯です。
スリッパもお気に入りで、履いてる人の足に飛び掛って ”ちょうだい!” をします。

ワンコは庭の車庫の隣にいます。
父親が叔母さんに連れられて行ったトコロに、つながれっぱなしで放って置かれたワンコがいて、人間に全く寄り付かなかったそうです。
ところが、父を見るなり飛びついてきて離れなかったので、かわいそうだし 思わず連れて帰ってきたらしい。
父以外はダメで、家族に慣れるまで1年くらいかかりました。
未だに知らない人やコドモを見ると怯えてますが、こんなカッコで寝ていたりもします。
  女の子なのに、ハシタナイ
   


nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
フェレット ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。